キャラットテクニック

1歳頃の赤ちゃんの自然な表情を撮影するコツやおすすめポイント! 2/3

自然な表情やしぐさを撮影するコツやポイント、第2弾。
前回は撮影への序盤からお子さんの笑顔を引き出す遊びのコツをお話しました。

今回はこの時期ならではの、残しておきたいおすすめフォトポイントをお話しします!

1.たっち、つかまり立ち


今まで自分でお座りできる高さの目線が精いっぱいだったけど、たっちやつかまり立ちができて、見える世界が広がったこの時期。
たっちの姿はもちろん、興味や関心も広がったそのキラキラとした瞳や得意げな表情も残しましょう。

2.ちらりと見えるかわいい乳歯


ニコッと笑ったお口から覗いたかわいくて小さな歯は今だけのかわいい笑顔の瞬間です。
お口の角度や笑い方で見えないことも多いので、実は意外と難しいショットです。

3.手を動かすしぐさ


大好きな音楽に合わせて手をパチパチしたり、バイバーイと上手に手を振れたり、バンザーイって腕をあげたり。言葉や音に合わせて手を自在に動かせるようになったあどけない瞬間を残しましょう!
余談ですが、カンパーイ!と言いながら、モノとモノがごっつんこする行為も喜んだりしますよ。

4. 大好きなぬいぐるみやおもちゃと


いつも決まったぬいぐるみを抱きしめて寝てるという子やどこでもお気に入りを持って出かける子も多いですよね。
一緒に成長を見守ってくれて、思い入れのあるぬいぐるみやおもちゃも一緒に写してみましょう。

5.パパやママとの家族写真


ご自宅ではなかなか撮れない代表が家族写真!セルフタイマーでみんな一緒にレンズを見るというのは至難の業。撮影できても表情まで良いものって本当に難しいですよね。ご自宅で撮るなら、粘り強く、何回もシャッターを押すことをおすすめします。
家族みんなが写った写真って少ないな……と感じているママも多いのでは。
いつもママがカメラを構えているから、ママの写真がほとんどない!という声もよく聞きます。将来、大きくなったお子さんにママやパパのその当時の写真を残してあげるのもとっても大切だと思っています。「ママかわいいね」「パパ若くてかっこいいね」など、
お子さんが大きくなったら微笑ましく笑いながらも写真1枚でいろんな事を感じてくれます。
写真には家族の絆や愛情も詰まっているんですね。
ママやパパ、家族の今を残しましょう。

スタジオ撮影のおすすめポイント


・普段は着られないようなドレスやタキシード
女の子は生まれた時から可愛いものが大好き!ふわふわのドレスやレースのワンピースを着たら1歳でもテンションが上がるのが分かります。嬉しそうな顔や、そんなお嬢さんを見つめるパパの緩みっぱなしの笑顔も必見です(笑)

男の子も一丁前なスーツやタキシードでの撮影がとってもかわいい!普段はやんちゃなお子さんもきりっと小さなアイドルみたいです。いつもと違う洋服を着るだけで、いつもと違う表情も撮れるのが不思議ですが、成長を感じ、未来の姿を想像できるような表情が撮れるのもスタジオ撮影ならではじゃないかと思います。

・着ぐるみ衣装
この時期しか着られない、かわいい着ぐるみ衣装。くりくりのかわいいお目目で着ぐるみ衣装を着て見つめられたらキュン!としちゃいます。
人気は年賀状用にと干支の衣装。2019年はいのしし年。キャラットでもちゃんと用意していますよ!

他にも、白いふわふわ系の犬、シロクマ、羊。
女の子に人気の猫。うさぎ。

などなど。基本、頭にかぶるものが多いので、お帽子が嫌いなお子さんは練習して来てもらえるととっても助かります。

1歳のお誕生日記念撮影にもぜひ参考にしてくださいね。

次回は撮影時のコツについてのお話。
おたのしみに!