育児お役立ち情報

おうちにあるものやずっと使えるもので!ベビー便利グッズ

赤ちゃんグッズって本当にいっぱいありますよね!
最近のものはおしゃれだったり可愛かったりで、一通り揃えたくなってしまうのではないでしょうか?

私のうちでは、揃えたけれどボロボロになるまで使い倒したものと、全く使わないまま成長したものがありました。あまり使わないものは資源も勿体無いので是非!購入前に見極めてもらえたらいいなと思います。

赤ちゃんのお風呂事情



まずベビーバス。実質の使用は一ヶ月程。
最近のものは、ビニールプールのように膨らまして使用するものもあるので、かさばらずお安くもなったのですが、それでもいらないかな。と思う方。プラスチックの衣装ケースや穴のない洗濯カゴなどで代用が可能です。そしてベビーバスを卒業し大人と一緒のお風呂になった暁には、もちろん本来の使用用途に戻して再利用できます。

赤ちゃんの寝床のひと工夫


寝室以外の場所に赤ちゃんを寝かせておく時のアイテムとして、バウンサーやクーハンなどを検討するかと思います。どちらもとっても便利なのですが、残念なことにその場所で寝るのが嫌いな赤ちゃんもいます。なので購入は試してからの方が無難です。それまでどうやって寝かせるか?のお話になるのですが、毛布やタオルケットなど季節にあったものをクルクルと縦長く巻き、中央をくぼませ、直径が赤ちゃんの身長プラスαくらいの大きさの円形を作ります。

ここにすっぽり背骨が丸くなるように仰向けに寝かせると、赤ちゃんは安心して眠れるようです。寝返りを打つようになると円には収まらなくなるのですが、下ろすと起きてしまう赤ちゃんにもオススメです。

赤ちゃんの安心お座り


赤ちゃんがお座りするようになると、心配なのは突然の転倒!気をつけていても、ママがちょっとトイレへ行ったりほんの少し目を離したすきに後ろへゴン!となることも。ハラハラしながら、後ろや左右をクッションで囲んだりしたものですが、ここで活躍したのが授乳クッションでした。くぼみにぴったり赤ちゃんをはめ込むと、お座りベビーを安定させ、転んでも頭を打ちにくくします。そんなこんなで授乳クッションはふた通りの使用をし、最終的にはママのお昼寝枕としても頑張ってくれました。



育児はなかなかうまくいかないことも多いと思います。赤ちゃんは生まれてすぐでも個性や性格、好みをすでに持っていて、どのグッズが我が子に合うかもそれぞれです。ご自身のライフスタイルに合ったものや赤ちゃんが心地よくいられるものを、探りながら見つけ出していくのもまた楽しいですよ!