育児お役立ち情報

突然ママがとられた日。弟・妹が生まれた時の赤ちゃん返り、知っておきたいこと

2歳児や3歳児はそれまでとは違い、自我が生まれ始め、学習力があがり、もっとも甘えん坊な時期。そんな2歳児に訪れる最大の山場。それが、弟・妹の誕生です。

兄弟を考えている人は2歳差、3歳差を考えている人が多いのではないでしょうか?事実、兄弟で多いのは2歳差、3歳差です。

新しい家族の誕生。それはもちろんうれしいことです。ただ、ずっとママとパパを独占していた上の子にとっては、どうしても混乱してしまうことでもあります。まだ、「命が生まれる」という概念そのものが理解できるわけではありませんからね。


赤ちゃん返りとは




そもそも、赤ちゃん返りとはいったいどんな状態でしょう。文字通り、2、3歳児が赤ちゃんのような行動する、学習したことやできるようになったことを放棄し、赤ちゃんのころのように何もしなくる状態を表します。しかし、それも十人十色で、赤ちゃん返りに盛られる行動パターンは様々です。

☑ 以前より甘えん坊になった
☑ 前はお着替えできたのに、自分でやらなくなった
☑ 下の子をたたいたり、かみつくなどの攻撃を繰り返す
☑ ママに甘えなくなり、パパにばかり甘える

など。

また、ここでは2歳、3歳と紹介していますが、実は8歳児のお子さんでも赤ちゃん返りをする場合もあります。

意外と幅は広いんですね。


赤ちゃん返りは「寂しい」アピール






ではなぜ上の子は赤ちゃん返りをするのでしょうか?それは実に単純で、「寂しいから」です。

上の子とっては、生まれてからずっと、ママとパパは自分だけのものでした。甘えるのも泣くのも、全部ひとり占めしていたわけです。それが突然弟・妹にママを奪われる、パパを奪われる。そういった感覚に陥るのです。

特にママがとられた!と思う気持ちは大きく、下の子への授乳姿をみて「今までは自分の場所だったのに」とさびしい気持ちに襲われるのです。

大人からしたら小さい子を守る、生まれたばかりの子に授乳をするのは当然だと分かるのですが、小さな子供にそれを完璧に理解しろ!というのは難しいものです

特に2、3歳児にとって、それを理解することは難しいのです。ただ、「小さな命は大切」ということは心ではわかっているので余計混乱してしまうのでしょう。


下の子を優先?上の子を優先?





では上の子のケアはいったいどうしたらよいでしょう?実はそれも単純な解決方法があるのです。上の子を優先すればよいのです。

しかし、この単純なことが実は難しいですよね。ただ、すべてを上の子優先しなくても大丈夫です。ほんの数分でも、上の子と二人だけの時間をママが作る。それが赤ちゃん返りにはとても有効です。下の子が寝ている間は上の子を抱っこしてあげる。パパがいるときは、下の子を少し預けてママと二人の時間を作る。少しでもいいから、上の子とママの二人の時間を作る。それがとっても有効なのです。

逆に言ってはいけないことやってはいけないことがあります。

それは「お兄ちゃん/お姉ちゃんなんだから!」というセリフ。ついつい言ってしまいがちですが、上の子が傷つく言葉でもあります。睡眠不足や産後の疲れでイライラしてしまい上の子にあたってしまいがちにはなります。ただそれは上の子も同じなのだと、少し深呼吸してみてください。ママが上の子のケアをしっかしていると、自然とお兄ちゃん/お姉ちゃんに成長していきますよ。