育児お役立ち情報

一緒に絵本を。3歳児におすすめの絵本とは

「いないいないばぁ!」「くるくるー」
0歳から2歳まではそんな擬音語や一言だけの絵本を読んでいたのでは?

しかしどんどんと言葉を覚えて理解が深くなり、そして世界が広がってきている3歳児。絵本の世界もぐっと広がる時期です。

では3歳児にはどんな絵本がよいのでしょうか?

物語の世界へ



3歳児は感性も知識がぐっと広がる時期。そんな時に大切なのが「物語」です。簡単でもいいのでストーリー性のある絵本を読んであげるといいでしょう。

ただ読むだけではなく、物語に合わせて少し体を動かしたり、一緒に声を出したり、物語の中に入って楽しむのがポイントです。繰り返しからのわかりやすいストーリーや、登場者の気持ちを想像したりすることで想像力や感性も育ちます。

ハラハラドキドキするストーリーがおすすめ



では、どういった物語がよいのでしょうか?
お勧めなのが「ハラハラドキドキ」のお話し。お化けがでたり、怪獣がでたり、魔女がでたり、そんなお話です。名作と言われる昔からある絵本でも、こういったお話がたくさんあります。

物語自体はすぐ読めるものですが、しっかりとハラハラドキドキする展開が盛り込まれているので子供は夢中になりますよ。大人も少し懐かしい気持ちになって読めるので、一緒に楽しめます。

絵本から優しい心を


また、脳の成長が著しい3歳児におすすめなのが「人の心を育てる」絵本です。
いやな気持になるときはどういう時?お友達が困っているときにはどうしたらいい?相手を喜ばすってどういうこと?そういった世界を絵本を通して教えてあげましょう。

3歳のころの絵本は、大人になっても宝物に


世界が広がる3歳児。絵本の世界も立派な大切な世界です。このころに読んだ絵本は子供にたくさんの想いや記憶、そして感性を与えてくれます。

一日一冊、ぜひお子さんを膝に乗せて読んであげてくださいね。